2015.07.05

メッシの1年が終了…プレー時間は約100時間、計62ゴール36アシスト

メッシ
チリとの決勝戦に出場したメッシ [写真]=LatinContent/Getty Images

 4日に行われたコパ・アメリカ2015の決勝戦、チリ代表対アルゼンチン代表戦。試合はPK戦の末にチリが勝利し、見事初優勝を飾った。これにより、リオネル・メッシのアルゼンチン代表での初タイトルはまたしてもお預けとなった。



 チリの徹底マークに、なかなか見せ場のなかったメッシ。前半終了間際にドリブル突破で違いを見せるシーンこそあったが、得点に繋がるプレーはできなかった。

 さて、そんなこの試合をもってメッシの長い長い2014-15シーズンが終了。

 メッシはこれから束の間のオフシーズンを送ることになるのだが、凄まじすぎた2014-15シーズンの個人成績を振り返ってみることにしよう。

バルセロナ

57試合出場58得点31アシスト

リーガ・エスパニョーラ:38試合43得点21アシスト
コパ・デル・レイ:6試合5得点4アシスト
UEFAチャンピオンズリーグ:13試合10得点6アシスト

【アルゼンチン代表】

10試合出場4得点5アシスト

国際親善試合:4試合出場3得点2アシスト
コパ・アメリカ:6試合出場1得点3アシスト

【合計】

67試合出場62得点36アシスト

 こちらは、2014-15シーズンにおけるメッシの出場試合数、得点数、アシスト数をまとめたもの。

 今回はサッカー情報サイト『transfermarkt』を参照しているが、アシストは公式記録ではないため他にもデータがあり、サッカー情報サイト『Soccerway』ではメッシのリーガでのアシスト数を18と紹介しているなどややばらつきがあるかもしれない。

 コパ・アメリカでは6試合1得点3アシストと印象的な結果が残せなかったメッシ。しかし、2014-15シーズンには62得点36アシストを記録し98点に絡む活躍を見せたようだ。

 メッシの2014-15シーズンのファーストゲームは2014年8月24日のリーガ・エスパニョーラ第1節エルチェ戦。コパ・アメリカ2015の決勝戦は7月4日に行われたため、メッシは314日間で67試合に出場し、プレー時間は計5884分(98時間4分)であったという。

 ちなみにこのメッシだが、バルセロナでもアルゼンチン代表でもほとんどの試合に出場しており、欠場したのはコパ・デル・レイの3試合と代表戦での4試合のみ。最高で74試合に出場できた可能性があるというから驚きである。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る