2015.07.05

フィジーがミクロネシアに38-0の歴史的大勝…最大得点差

 5日、パプア・ニューギニアで開催されているパシフィック・ゲームズ・男子サッカー競技のグループステージ第2節が行われ、フィジー代表がミクロネシア連邦代表を38-0で下した。同大会は各選手が23歳以下で構成されているため、公式記録にはならないが、サッカーの国際試合における最大得点差となっている。

 フィジーはこの試合、開始1分で先制点を決めると、前半だけで21得点を奪う。後半さらにゴールを積み重ね、最終的に38ゴールを記録。2002 FIFAワールドカップ・オセアニア予選においてオーストラリア代表がアメリカ領サモア代表を31-0で破った試合の記録を塗り替えることとなった。

 なお、ミクロネシア連邦は3日に行われた第1節でもタヒチ代表に0-30という大敗を喫している。

 パシフィック・ゲームズは主に南太平洋諸国が参加する総合競技大会で、1963年に第1回大会がフィジーのスバで開催され、以後4年に1度開催されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る