FOLLOW US

3度の決勝で3度の敗北…マスチェラーノ「言葉が見つからない」

コパ・アメリカ決勝で敗れ落胆するマスチェラーノ [写真]=Getty Images

 4日に行われたコパ・アメリカ2015の決勝で、PK戦の末チリ代表に敗れ準優勝に終わったアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが落胆のコメントを残した。同大会の公式サイトが伝えている。

 アルゼンチン代表は2004年と2007年にもコパ・アメリカで準優勝に終わっている。そしてここ4大会で3度目となる決勝進出を果たした今大会も優勝を逃すこととなった。そのすべてでプレーしているマスチェラーノは「説明することができない。3回決勝を戦って、そして3回負けた。拷問のようだ。言葉が見つからないよ」と嘆いた。

 そして「僕らは素晴らしいコパ・アメリカを過ごしていた。でも決勝でまた負けた。悲しいよ。将来アルゼンチンが優勝できるよう願っている。支えてくれたファンに感謝しているけど、喜ばせることができず残念に思っている」と、悲しみを隠しきれない様子で語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO