FOLLOW US

本田経営のSVホルン、国内トライアウト二次選考通過者はわずか1名

6月30日に国内トライアウト・二次選考が実施された

 日本代表FW本田圭佑のマネジメント事務所であるHONDA ESTILO株式会社は1日、同社が経営権を持つSVホルン(オーストリア3部)の日本国内トライアウト・二次選考通過者を発表した。

 6月30日に実施されたトライアウトには書類審査を通過した約100名が参加。フィジカル中心のテストが行われた。

 発表された通過者は永井雄介の1名のみ。現在21歳の永井は東京学芸大学に在学している。身長182cm、体重74kgでポジションはセンターバック。選考理由について「基準はフィジカル重視でした。インターバル走でついていけなくなる選手が多い中、最後まで食らいついていた選手のひとり。また、体のサイズがありながらもボールを扱う器用さがあったのも選考ポイントのひとつです」と説明している。

 最終選考は6〜8日にオーストリアで実施され、本田自らトレーニングに参加する予定。永井は「トライアウトでは手応えがあったわけではないですが、自分のプレーができたので悔いはなかったです。最終選考は頑張りたい」と意気込みを語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA