2015.07.01

アルゼンチンが決勝進出…メッシ不発も6ゴールでパラグアイを粉砕

アルゼンチン代表
ディ・マリア(手前右)のゴールを喜ぶアルゼンチン代表メンバー [写真]=LatinContent/Getty Images

 コパ・アメリカ2015準決勝が6月30日に行われ、アルゼンチン代表とパラグアイ代表が対戦した。

 アルゼンチンは、準々決勝でコロンビア代表と対戦し、PK戦の末に勝利を収めてベスト4に進出。対してパラグアイは、同じくPK戦で優勝候補のブラジル代表を下し、2大会連続の準決勝進出を果たした。

 29日に行われたもう1つの準決勝は、チリ代表がペルー代表に2-1で勝利し、決勝進出。アルゼンチンとパラグアイの勝者が、決勝で開催国のチリと激突することとなる。

 試合は、開始15分で動く。左サイドでFKを獲得したアルゼンチンは、リオネル・メッシからのボールに反応したマルコス・ロホが、こぼれ球を左足で押し込んでゴールネットを揺らした。失点を許したパラグアイは24分にアクシデントが発生。ブラジル戦では同点のPK弾を決めたデルリス・ゴンサレスが負傷し、そのまま27分にラウール・ボバディジャと交代になった。

 するとその直後、メッシからのパスを受けたハビエル・パストーレが、ペナルティエリア内右に侵入したところで右足を振り抜くと、シュートは枠の左隅に突き刺さった。アルゼンチンがリードを2点に広げる。一方のパラグアイはまたも負傷に泣く。けがを負ったロケ・サンタ・クルスを下げてルーカス・バリオスを投入し、早くも交代枠2枚の使用を強いられた。

 だが、そのパラグアイも意地を見せる。43分、アルゼンチンDFニコラス・オタメンディのロングフィードを、ハーフライン付近でブルーノ・バルデスが頭で弾き返すと、そのボールにバリオスが反応。そのままエリア手前中央で左足を振り抜き、ゴール左に決めた。アルゼンチンが2点リードを奪うも、パラグアイが1点返して前半を折り返す。

 後半に入って47分、ダイレクトのパス交換からパストーレが持ち上がり前線へラストパス。エリア内左に抜け出したアンヘル・ディ・マリアがダイレクトでシュートを放つと、ゴール右隅に決まった。アルゼンチンは後半開始早々に再びリードを2点に広げると、ここからゴールドラッシュとなる。

 53分、メッシがドリブルでエリア手前中央へ持ち上がり、エリア内左へパス。パストーレのシュートは、GKフスト・ビジャールに阻まれるが、そのこぼれ球をディ・マリアが押し込んで4点目を奪った。80分には左サイドからのディ・マリアのクロスに、パラグアイDFの間に入ったセルヒオ・アグエロが頭で合わせてゴール。さらに83分には、メッシが倒れながらもエリア内中央へパス。途中出場のゴンサロ・イグアインが反応し、ダイレクトでゴール左に決めて試合を決定づけた。

 このまま試合はタイムアップ。6ゴールを挙げたアルゼンチンが、パラグアイに6-1の圧勝。2大会ぶりの決勝へ駒を進めた。

 アルゼンチンは、7月4日に行われる決勝で開催国のチリと激突。パラグアイは、同月3日に行われる3位決定戦でペルーと対戦する。

【スコア】
アルゼンチン代表 6-1 パラグアイ代表

【得点者】
1-0 15分 マルコス・ロホ(アルゼンチン)
2-0 27分 ハビエル・パストーレ(アルゼンチン)
2-1 43分 ルーカス・バリオス(パラグアイ)
3-1 47分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
4-1 53分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
5-1 80分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)
6-1 83分 ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る