FOLLOW US

J1、2季連続得点王の元名古屋FWケネディが現役引退を発表

名古屋退団セレモニー時、闘莉王と肩を組むケネディ [写真]=Getty Images

 オーストラリア・Aリーグのメルボルン・シティは26日、オーストラリア代表FWジョシュア・ケネディの現役引退を発表した。

 現在32歳のケネディはドイツで長らくプレーし、2009年6月に名古屋グランパスへ移籍。2014年まで6年間在籍し、2010シーズン(17得点)と2011シーズン(19得点)にJ1得点王となっている。2010年にはクラブ初のリーグ優勝に貢献した。オーストラリア代表としても2006年と2010年のワールドカップに出場している。

 ケネディは、「Aリーグに戻ってきてプレーするチャンスをくれ、6カ月間サポートしてくれたメルボルン・シティにお礼を言いたい」と感謝の気持ちを表すとともに、引退の理由にフィジカル面を挙げ、「家族や友人とも相談した上で、プレーすることから離れることを決めた」と、決断に至った経緯を説明している。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO