2015.06.22

ネイマール不在のブラジルが首位通過…コロンビアは3位も8強入り

首位通過を決めたブラジル代表 [写真]=Getty Images

 コパ・アメリカ2015は21日、グループCの最終節が行われベネズエラ代表を2-1で下したブラジル代表が首位通過を決めている。また、同日に行われたコロンビア代表対ペルー代表の試合は0-0の引き分けに終わり、この結果ペルーが2位、コロンビアが3位で決勝トーナメント進出となった。

 キャプテンのFWネイマールを出場停止で欠くブラジルだったが序盤から攻勢に出ると9分に先制点を奪う。コーナーキックを得たブラジルは、この試合が今大会初出場となったMFロビーニョのキックにDFチアゴ・シウヴァが右足で合わせ豪快な一撃を決めた。

 優位に立ったブラジルがその後もゲームを支配する展開が続くが、追加点を奪うには至らず、1-0で前半を折り返す。

 後半開始と同時に2人の選手交代を行い反撃に出たベネズエラだったが、51分にブラジルが突き放す。左サイドでボールを受けたMFウィリアンが中央に折り返すと、エリア内に走りこんだFWロベルト・フィルミーノが右足で決め、リードを2点に広げた。

 それでも諦めないベネズエラは84分、セットプレーのチャンスを得るとMFフラン・アランゴの蹴ったボールがポストに当たって跳ね返ったところをFWミクがヘディングで押し込み1点差に詰め寄る。

 同点ゴールを目指し、残り時間も攻め続けたベネズエラだったが反撃もここまで。ブラジルが2-1で勝利を収めた。

 一方、コロンビア対ペルーの対戦は、引き分けでも突破が決まるペルーに対し、勝ちがほしいコロンビアが序盤から攻撃を仕掛ける展開に。しかし決め手を欠きなかなか得点が奪えない。

 スコアレスのまま試合が進むと、焦るコロンビアに対し落ち着いた守備で対処したペルーが最後までゴールを割らせず、結局0-0の引き分けに終わった。

 この結果、試合前に4チームが勝ち点3で並ぶ大混戦となっていたグループCは、同6に伸ばしたブラジルが首位通過、同4で並んだものの得失点差でペルーが2位、コロンビアが3位となった。

 これでベスト8が出そろったコパ・アメリカ2015は24日から準々決勝が行われる。

■コパ・アメリカ2015 準々決勝組み合わせ

[6月24日]
チリ vs ウルグアイ

[6月25日]
ボリビア vs ペルー

[6月26日]
アルゼンチン vs コロンビア

[6月27日]
ブラジル vs パラグアイ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る