2015.06.20

エクアドルがメキシコ下し今大会初白星…6大会ぶりのグループ突破に望み

E・バレンシア
得点を喜ぶE・バレンシア(13番)ら [写真]=LatinContent/Getty Images

 コパ・アメリカ 2015 チリが19日に大会9日目を迎え、グループAではメキシコ代表とエクアドル代表が対戦した。

 若手中心のメンバーで今大会に臨んだメキシコは、ここまで2分けと勝ち切れない展開が続いている。それでもグループリーグ最終戦で勝利を収めれば、決勝トーナメントに大きく近づくため、勝ち点3奪取が求められる。一方、ここまで2連敗と厳しい立場のエクアドル。今大会初白星を掴み、逆転でのグループリーグ突破を目指したいところだ。

 試合序盤からペースを掴んだのはエクアドル。2分、ペナルティエリア手前でボールを受けたエネル・バレンシアが左サイドのジェフェルソン・モンテーロへパス。モンテーロがマイナスの折り返しを送ると、中央のミジェール・ボラーニョスがワンフェイントから右足シュートを放ったが、ここはGKの正面だった。

 メキシコも負けじと反撃に出る。24分、ゴール前で相手DFからボールを奪ったビセンテ・マティアス・ブオソが、DFを一人かわして右足でシュート。しかし、ここは惜しくもゴール右下に外れてしまった。

 均衡が破られたのは26分。エクアドルがカウンターから3対3の局面を作ると、ボラーニョスが左を走るE・バレンシアへパス。ペナルティエリア左に持ち込んだE・バレンシアが右足でシュートを放つと、相手DFに当ってこぼれたボールがゴール前のボラーニョスの足下に転がる。これをしっかりと詰めてエクアドルが先制。1-0のリードを保ったまま前半を折り返す。

 後半もエクアドルの前線の守備が光る。57分、高い位置でオスバルド・ラストラがボールを奪うとカウンターが発動。ボラーニョスのスルーパスに抜けだしたE・バレンシアが、冷静にキーパーとの一対一を制して追加点を奪った。

 グループ突破に向けて厳しい立場となったメキシコが反撃に出る。まずは59分、右サイドからのロングスローを受けたラウール・ヒメネスが中に走りこんだハビエル・アキーノへパス。アキーノがゴール前まで持ち込み中央のブオソへパス。ボールを受けたブオソは振り向きざまに右足を振りぬいたが、ここはGKの正面だった。

 すると64分、メキシコに待望の1点が生まれる。左CKを得ると、ゴール前の競り合いでウーゴ・アヤラがガブエリエル・アチリエールに倒されてPKを獲得。キッカーのヒメネスが正面に蹴りこみ、メキシコが1点を返した。

 その後も同点を目指すメキシコが攻めこむ。86分、ゴール前のパス交換から途中出場のマルコ・ファビアンがミドルシュート。しかし、ここは枠の上に外れてしまい万事休す。エクアドルが1-0でメキシコを破り、勝ち点を3に伸ばした。

 これによりエクアドルのグループ3位が確定。エクアドルはグループB、Cの3位チームと決勝トーナメント行きを争うことになった。一方、勝ち点2のメキシコはグループリーグでの敗退が決定している。

【スコア】
メキシコ代表 1-2 エクアドル代表

【得点者】
0-1 26分 ミジェール・ボラーニョス(エクアドル代表)
0-2 57分 エネル・バレンシア(エクアドル代表)
1-2 64分 ラウール・ヒメネス(PK)(メキシコ代表)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る