2015.06.20

ネイマールのコパ・アメリカが終了…試合後の退場で4試合の出場停止処分

ネイマール
4試合の出場停止処分を受けたネイマール [写真]=LatinContent/Getty Images

 CONMEBOL(南米サッカー連盟)は19日、同日に行われた規律委員会会合の結果を発表し、ブラジル代表FWネイマールに4試合の出場停止と罰金1万ドル(約122万円)、コロンビア代表FWカルロス・バッカに2試合の出場停止と罰金5000ドル(約61万円)の処分を科すことを連盟公式HP上で発表した。なお、ネイマールの処分については異議申立てが認められている。

 17日に行われたコパ・アメリカ 2015 チリのグループC第3節でブラジル代表とコロンビア代表が対戦。同試合終了後、ネイマールが蹴ったボールが相手選手の背中を直撃したことを皮切りにピッチ上で両チームの選手同士による小競り合いが発生した。この場面でネイマールは相手選手に頭突きを食らわせるなどしたことにより、バッカは相手選手を突き飛ばしたことにより退場処分を受けていた。

 今回の処分が確定した場合、仮にブラジルが同大会の決勝に進出した場合でもネイマールは出場停止となるため、実質ネイマールにとってのコパ・アメリカは終了した格好だ。一方のバッカは、コロンビアが準決勝まで勝ち上がれば、残りの試合に出場出来ることになる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る