FOLLOW US

元浦和FWエメルソン、フラメンゴ移籍でゲレーロとの2トップを形成へ

コリンチャンスでプレーしていたエメルソン(中央) [写真]=Getty Images

 かつて川崎フロンターレ浦和レッズなどJリーグでも活躍したFWエメルソンがコリンチャンスを退団し、リオ・デ・ジャネイロの名門フラメンゴへ完全移籍した。フラメンゴには2009年にも所属しており、今回の移籍は古巣復帰でもある。

 エメルソンは2000年に期限付きで在籍していたコンサドーレ札幌でゴールを量産したことが評価されて、翌年川崎へ移籍。同年7月には浦和に活躍の場を移した。その後は中東やフランスでもプレイしたが、近年は母国ブラジルで活躍している。

 今回フラメンゴがエメルソンと交わした契約期間は2015年12月までで、エメルソンに与えられる背番号は16日現在では未定。エメルソンは2009年に所属していた当時は11番をつけていたが、今回は番号に関する要求がなく「何番でもいい。フラメンゴのユニフォームを着て試合に出られることが重要」と話しているという。エメルソンはすでにチームに合流しており、ボールを使った練習にも積極的に参加していることが確認されている。

 フラメンゴにはペルー代表FWパオロ・ゲレーロがコパ・アメリカ終了後に加入することが決まっており、コリンチャンスでしばしば見られた『エメルソン&ゲレーロの2トップ』が今度はフラメンゴで見られるかもしれない。

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO