2015.06.18

ビダルが涙の謝罪会見…飲酒運転で事故起こすもチリ代表は追放せず

ビダル
謝罪会見で涙を流すビダル [写真]=Getty Images

 17日、ユヴェントスに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、前日に起こした事故についての謝罪会見を行った。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 チリで開催されているコパ・アメリカ2015に参加中のビダルは、16日にオフを利用して夫人と過ごしていたという。その夜、愛車のフェラーリでチリ代表の合宿地へと帰る道中で交通事故を起こした。幸い、軽症で済んだものの同選手からは基準値を上回るアルコール量が検出され、警察に身柄を拘束されていた。

 会見を行ったビダルは、涙を流しながら「申し訳ありません。事故は自分のせいで起きた。妻や多くの人を危険にさらしてしまい、後悔している」と謝罪。

 さらに「酒を飲んで、そして事故を起こした。本当に後悔しているし、恥じている。僕にできるのは謝罪をすることだけだ。支えてくれた仲間、監督、国民、すべてに感謝したい」と、サポートしてくれた人たちに感謝を伝えた。

 代表のチームメートであるインテル所属のMFガリー・メデルは18に自身のツイッターで「僕はこれまで以上に君を愛してる。僕たちはチームであり、一緒に進んでいく」と、同選手へのメッセージを綴っている。

 また、チリ代表のホルヘ・サンパオリ監督は「彼は過ちを犯したが、チームを外すほどのことではない」とし、ビダルがチームにとどまることを容認した。

 同紙によるとビダルは運転免許の失効に加え、ミラノのチリ領事館に毎月出頭することを命じられたという。またこの件に関して最大120日間、調査が行われると伝えている。

 チリ代表は19日、コパ・アメリカ2015のグループステージ第3節でボリビア代表と対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング