2015.06.17

FIFA汚職事件で動き…53件の資金洗浄疑惑が浮上、スイス当局が調査結果明かす

汚職事件に揺れるFIFA [写真]=Getty Images

 スイスの検事総長であるマイケル・ローバー氏が、2018年と2022年のワールドカップ招致に際し、53件のマネーロンダリングの疑いがある口座の動きがあったと明かした。イギリスメディア『BBC』や『ITV』などが報じている。

 ローバー氏は「スイス司法当局が9テラバイトにおよぶデータを押収し、結成されたタスクフォースによって調査が行われた」とコメントすると、「53件のマネーロンダリングの疑いのある資金の動きがあった」と不審な資金の流れがあったことを公表。「“90分”以上かかるだろ」と続け、調査期間が長期におよぶことを示唆している。

 FIFAでは複数の幹部が汚職に関与したとして逮捕されるなどし、ゼップ・ブラッター会長も5度目の会長選挙に勝利した4日後に辞意を表明するなど、混迷が続いている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る