FOLLOW US

アルゼンチンが前回王者ウルグアイを下し大会初勝利…アグエロが決勝点

得点を喜ぶアグエロ [写真]=LatinContent/Getty Images

 コパ・アメリカ2015 チリが16日に大会6日目を迎え、グループB第2節ではアルゼンチン代表とウルグアイ代表が対戦した。

 優勝候補に挙げられながら、初戦のパラグアイ代表戦を2-2のドローで終えたアルゼンチン。グループ突破に向けて勝ち点3が求められる。一方、ジャマイカ代表に苦しめられながらも、なんとか1点差で勝利を収めたウルグアイ。連覇に向けてまずは白星スタートを飾った。

 この試合で最初にチャンスを作ったのはアルゼンチン。9分、中央でパスを受けたハビエル・パストーレが、ペナルティエリア右のアンヘル・ディ・マリアへ展開。ディ・マリアがやや角度がない位置から左足でシュートを放ったが、ここはGKフェルナンド・ムスレラの正面だった。

 続く20分、右サイドから中へ切り込んだリオネル・メッシが中央のパストーレへパス。パストーレがエリア外からミドルシュートを打ったが、ここもムスレラにキャッチされてしまう。

 一方のウルグアイにもチャンス。22分、右CKを獲得すると、キッカーのニコラス・ロデイロがクロスを蹴りこむ。ファーサイドにディエゴ・ゴディンが飛び込んだが、ここはわずかに枠の左に外れた。

 ここでアルゼンチンに決定機。25分、ペナルティエリア右のメッシが左足でクロスを送ると、ファーサイドのセルヒオ・アグエロがフリーでヘディングシュート。しかし、またしてもムスレラの好セーブに阻まれてしまう。その後もアルゼンチンがボールを支配して攻撃を仕掛けたが、0-0のまま前半を折り返す。

 後半立ち上がり、ついに先制点が生まれる。56分、アルゼンチンは右サイドでパスを受けたパブロ・サバレタがクロスを供給。ニアサイドに走りこんだアグエロがダイビングヘッドを突き刺し、アルゼンチンが先制に成功する。

 先制を許したウルグアイは64分にクリスティアン・ロドリゲスを下げて、カルロス・サンチェスを、70分にロデイロを下げてアベル・エルナンデスを投入する。するとウルグアウイにビッグチャンス。76分、右サイドのマキシ・ペレイラがエリア外から強烈なミドルシュート。これをGKセルヒオ・ロメロが弾いたが、こぼれ球がディエゴ・ロランの目の前に転がる。しかし、ロランがダイレクトで放ったシュートはクロスバーの上に外れてしまい、同点とはならなかった。

 一方のアルゼンチンは79分にパストーレを下げてエベル・バネガを、アグエロを下げてカルロス・テベスをピッチに送り込んだ。83分、ペナルティエリア右でボールを持ったテベスがマイナスに折り返すと、これを受けたメッシが左足で狙ったが、ムスレラが好セーブを見せて追加点を許さなかった。

 ウルグアイにまたしても決定機。90分、A・エルナンデスが右サイドのM・ペレイラへ送ると、リターンパスを受けてダイレクトシュート。しかし、ここはGKロメロがビッグセーブでなんとか凌いだ。

 その後、両チームともに追加点を狙ったが結局ゴールは生まれることなく、1-0でアルゼンチンが大会初勝利を収めた。

 この結果、アルゼンチンは1勝1分けの勝ち点4で同日勝利したパラグアイと並ぶグループ首位タイ。一方のウルグアイは1勝1敗の勝ち点3で3位につけている。20日に行われるグループ第3節で、アルゼンチンはジャマイカと、ウルグアイはパラグアイとそれぞれ対戦する。

【スコア】
アルゼンチン代表 1-0 ウルグアイ代表

【得点者】
1-0 56分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO