FOLLOW US

C・ロナウドがハットの活躍…ポルトガルが逆転勝利でI組首位堅守

ポルトガル代表のC・ロナウド(右) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 ユーロ2016予選が13日に行われ、グループIではアルメニア代表とポルトガル代表が対戦した。

 4試合を終えて3勝1分けで首位に立つポルトガル。この日、敵地で迎えた最下位のアルメニア戦では思わぬ苦戦を強いられることとなった。

 先手を取ったのはアルメニア。14分、アルメニアがFKを獲得すると、キッカーのマルコス・ピッゼッリが左足を振りぬき、強烈なシュートがゴール右上に吸い込まれた。

 一方のポルトガルは、29分にペナルティエリア内のジョアン・モウティーニョがヘンリク・ムヒタリアンに倒されてPKを獲得。キッカーのクリスティアーノ・ロナウドがきっちりと決めて同点に追いつく。前半はこのまま1-1で折り返した。

 後半立ち上がりの54分、アルメニアに決定機が訪れたが、ピッゼッリのシュートはクロスバーを叩き、得点には至らなかった。

 すると直後の55分、ポルトガルが後方から相手DFの裏にロングボールを送ると、ロベルト・アルズマニアンとキーパーが一瞬見合ってしまう。これを逃さなかったC・ロナウドは、DFとGKの間に入ってダイレクトでシュートを放つと、これが無人のゴールに決まりポルトガルが逆転に成功する。

 さらにその3分後の58分、再びゴール前でボールを受けたC・ロナウドがエリア外から強烈なミドルシュート。ボールはゴール右に突き刺さり、ポルトガルが2点にリードを広げた。

 しかし、62分にポルトガルのティアゴ・メンデスがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場処分となる。続く72分にフライル・ムコヤンが得点し、アルメニアが1点差まで追い上げたが、結局このまま試合は終了を迎え、3-2でポルトガルが勝利してグループ首位を守っている。

【スコア】
アルメニア代表 2-3 ポルトガル代表

【得点者】
0-1 14分 マルコス・ピッゼッリ(アルメニア代表)
1-1 29分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(ポルトガル代表)
1-2 55分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
1-3 58分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
2-3 72分 フライル・ムコヤン(アルメニア代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA