FOLLOW US

南米王者を決めるコパ・アメリカ開幕…開催国チリが初優勝へ白星発進

自国開催のコパ・アメリカ開幕戦を勝利で飾ったチリ代表 [写真]=LatinContent/Getty Images

 コパ・アメリカ2015の開幕戦が11日に行なわれ、開催国であるチリ代表とエクアドル代表が対戦した。

 アーセナル所属のFWアレクシス・サンチェスユヴェントス所属のMFアルトゥーロ・ビダルらを擁するチリは、ホームの大歓声を後押しに大会初優勝を狙う。対して、ウェストハム所属のFWエネル・バレンシアやスウォンジー所属のMFジェフェルソン・モンテーロなどを擁するエクアドル代表も44回目を迎えた同大会で優勝経験はなし。両チームが初制覇をかけて大会初戦に臨んだ。

 開始4分、味方のロングパスからサンチェスが抜けだすと、飛び出してきた相手GKの頭上を狙うループシュートを放つ。だがこれは相手GKが手を伸ばしキャッチ。39分にはサンチェスとのワンツーから、マウリシオ・イスラがペナルティエリア内右で左足を振り抜くが、枠を捉えられなかった。前半はこのままスコアレスで折り返す。

 後半に入って、67分に試合が動く。自ら獲得したPKを、ビダルが落ち着いてゴール右上に突き刺して、チリが先制に成功した。その後、スコアは動かず終盤に突入。82分、エクアドルに最大のチャンスが訪れる。ワルテル・アジョビの浮き球のパスに、ゴール前のE・バレンシアがヘディングで合わせるが、シュートはクロスバーに弾き返された。

 すると84分、サンチェスのスルーパスをエリア内左で受けたエドゥアルド・バルデスがダイレクトでゴール右隅に決めて、追加点を獲得。リードを2点に広げたチリだったが、後半アディショナルタイムの92分に途中出場のマティアス・フェルナンデスがこの日2枚目のイエローカードを受けて退場処分となった。

 しかし試合はこのまま終了し、開催国のチリが、地元サポーターの前でエクアドルを相手に2-0の勝利。開幕戦を制し、初優勝へ白星発進となった。

 グループステージ第2節は、15日にチリ代表がメキシコ代表と、エクアドル代表がボリビア代表と対戦する。

【スコア】
チリ 2-0 エクアドル

【得点者】
1-0 67分 アルトゥーロ・ビダル(PK)(チリ)
2-0 84分 エドゥアルド・バルガス(チリ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO