2015.06.11

元日本代表監督ジーコ氏がFIFA会長選に立候補「義務だと感じる」

ジーコ
FIFA会長選への出馬を表明したジーコ氏(写真は5月29日) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 日本代表監督も務めた元ブラジル代表のジーコ氏が、9日にリオ・デ・ジャネイロで会見を開き、FIFA会長選への立候補を表明した。イギリス紙『ガーディアン』など各紙が報じている。

 現在はインドのFCゴアで監督を務めるジーコ氏。以前からFIFA会長への関心を示してきたが、今回の会見で本格的に動き出したようだ。ジーコ氏は「現在、我々のスポーツ(サッカー)に起きている惨状はとても悲しいもので、懸命に働いている人々の労が台無しにされた。経験と知識を生かして会長職を担うことは、私の義務であるようにも感じている」と会長選への意欲を語った。

 今年で62歳を迎えたジーコ氏は、フラメンゴやウディネーゼでプレー。1989年に現役引退後、91年に住友金属(現・鹿島アントラーズ)で現役復帰し、93年以降のJリーグの創成期に活躍した。また、2度目の現役引退後は、鹿島で監督としてのキャリアをスタートさせ、日本代表、フェネルバフチェ、イラク代表などを率いていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る