2015.06.05

FIFA、アンリの“ハンド事件”もみ消しのために金銭支払いか

ハンドをアピールするアイルランドの選手たち [写真]=amma-Rapho via Getty Images

 汚職事件により混沌としているFIFA(国際サッカー連盟)だが、ここにきて新たな疑惑が浮上した。5日にイギリス紙『インディペンデント』など複数メディアが報じている。

 2009年11月18日に、2010年の南アフリカ・ワールドカップ予選、プレーオフ第2戦でフランスとアイルランドが対戦。延長戦に入り、フランスのティエリ・アンリが手でコントロールしたボールをつなぎ、そこから決勝ゴールがうまれた。この“疑惑のゴール”に納得のいかないFAI(アイルランドサッカー協会)はFIFAに対し再試合を要求するも、これを却下されていた。

 同紙によると、 FAIがこの一件で法的措置を取らないよう、FIFAは500万ユーロ(約7億円)の金銭を支払ったという。FAIの最高経営責任者であるジョン・デラニー氏のコメントを次のように伝えている。

「我々はアンリのハンドに関して不当な判定を受けたと感じ、法的措置を取るつもりでいた。しかしFIFAからの金銭取引に合意することにした。それは合法的なもので、FAIにとっていい取引だったよ」

 FIFAも金銭の支払いがあったことを認めつつ、「アイルランドのスタジアム建設に対する融資」であると主張している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る