FOLLOW US

ブラッターFIFA会長、複数の幹部逮捕に声明「捜査を歓迎。信頼回復に努める」

FIFAのブラッター会長 [写真]=Getty Images

 27日、FIFA(国際サッカー連盟)の副会長であるジェフリー・ウェブ氏など組織幹部の複数名が収賄、脅迫、マネーロンダリングなどの容疑で会合を行っていたスイスのホテルで逮捕された。

 FIFAのジョセフ・ブラッター会長は、FIFA公式HPで声明を発表。「フットボールやファン、FIFAという組織にとって難しい状況です。多くの方が今回の件について、失望を感じていると理解しています。不幸な事件となってしまいましたが、我々はアメリカとスイス当局の捜査を歓迎します。FIFAがすでに推進している不正根絶の対策を強固にする助けとなりますし、明確にする必要があります」と、全面的に捜査に協力すると強調。

 また、「事実、スイス当局の捜査は昨年末に我々が関係書類を提出したことから始まっています」と以前から捜査に協力していたと主張し、「明らかにしておきたいことは、フットボール自体には関係がないということで、関係している人間が排除されるということです。今日の件を受け、2018年と2022年のワールドカップについての独立倫理委員会は、暫定的に今回の件で当局から名前の挙がった人間を国内外で活動禁止処分にしました」と、コメント。

「我々は関係当局に協力するとともに、信頼回復に努め、世界中でフットボールが不正行為とは関係がなく、あらゆる不正行為を根絶するため、FIFAは積極的な活動をしていきます」と、今後も捜査に積極的に協力するとしている。

 FIFAは29日に会長選挙を控えており、5選を目指す現職のブラッター会長とFIFA副会長を務めるヨルダンのアリ・ビン・アル・フセイン王子の一騎打ちとなっているが、選挙の延期を求める声も挙がっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO