2015.05.28

FIFA汚職事件を受けUEFAが声明を発表…会長選の延期要求

汚職により幹部複数が逮捕されたFIFA [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)の幹部複数が汚職により逮捕されたことを受け、UEFA(欧州サッカー連盟)は27日、ワルシャワで行われた理事会で公式声明を発表し、29日に控えるFIFA次期会長選挙の延期を求めた。公式サイト『UEFA.com』が伝えている。

「FIFAに起こった悲惨な出来事はサッカー界全体のイメージを傷つけるものであり、UEFAはこの件に関して大きなショックを受け、深く悲しんでいる」

「今回の件で、改めてFIFAに汚職の文化が根付いていることが示された。真の改革を行うことが必要である。FIFA総会は茶番と化す可能性があり、そのため欧州の各国サッカー協会はこの総会に参加し、警告を与えるべきかを慎重に検討しなければならない。このような事態が続けばサッカー界を滅ぼすことになりかねないからだ」

「UEFA理事会のメンバーは、FIFAのリーダーシップを変える必要性を強く感じており、今回の総会は延期すべきだと確信している。FIFA次期会長選挙は今後6カ月以内に実施されるべきだ」

欧州リーグ順位表

トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
エヴァートン
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る