2015.05.22

フィーゴ氏がFIFA会長選の出馬を取りやめに…候補者は2名に絞られる

フィーゴ
FIFA会長選に立候補していたフィーゴ氏 [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)会長選に出馬していた元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ氏が21日、立候補を取りやめた。同日、イギリスメディア『BBC』が報じている。

 フィーゴ氏は「これは選挙ではない。ある男に絶対的な権力を与えるための過程だ。私は降りさせてもらう」と、コメントしている。

 同氏が辞退をする数時間前に、同じく立候補していたオランダサッカー協会のミハエル・ファン・プラーク会長も出馬を取り下げており、4名により争われていた会長選は、2名の候補に絞られている。

 残された候補者は5期目を目指すゼップ・ブラッター現会長と、現在は副会長を務めるヨルダンのアリ・フセイン王子。選挙は29日にチューリッヒで行われる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る