FOLLOW US

元柏の澤昌克がペルー1部で活躍…得点ランク2位浮上もPK失敗で勝利逃す

ペルー1部リーグでプレーする澤昌克(右) [写真]=LatinContent/Getty Images

 2月15〜17日に行われた「コパ・モビスター」と呼ばれるペルー1部リーグの前期第5節。首都リマで行われた「デポルティーボ・ムニシパル×スポール・ウアンカージョ」は、試合終了間際に勝ち越しのチャンスを逸したデポルティーボ・ムニシパルが勝利を逃す結果に終わった。

 試合はホームのデポルティーボ・ムニシパルが立ち上がりに先制すると、その後追いつかれて1-1で前半を終了。迎えた後半の開始早々に日本人選手のゴールが生まれた。49分に相手陣内でセットプレイを得たデポルティーボ・ムニシパルは、フリーキックに反応した澤昌克が後方からバウンドしたボールにタイミングを合わせて右足でボレーシュート。するとボールはキーパーの股下を抜いてゴールネットに突き刺さった。

 デポルティーボ・ムニシパルはその1分後に追いつかれたが、52分に再び勝ち越しに成功。しかし83分にロングフィードから最後はエベル・チャベスにゴールを決められて3-3となった。

 同点で迎えた後半のアディショナルタイム、デポルティーボ・ムニシパルはPKを得た。ところがキッカーを務めた澤昌克のPKはキーパーにコースを読み切られ阻まれてしまった。ボールがピッチの外へ消えると、PKを失敗した澤は両手で後頭部を抱えて悔やみきれない様子だった。

(記事/Cartao Amarelo)

【スコア】
デポルティーボ・ムニシパル 3-3 スポール・ウアンカージョ

【得点者】
1-0 4分 アルマンド・アルファヘーメ(デポルティーボ・ムニシパル)
1-1 37分 クレイル・ビエイラ(スポール・ウアンカージョ)
2-1 49分 澤昌克(デポルティーボ・ムニシパル)
2-2 50分 セーサル・マユリー(スポール・ウアンカージョ)
3-2 52分 イバン・ブロス(デポルティーボ・ムニシパル)
3-3 83分 エベル・チャベス(スポール・ウアンカージョ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO