FOLLOW US

UEFAのプラティニ会長がFFPの規制緩和を明言「6月中には結果が出る」

UEFAの会長を務めるプラティニ氏 [写真]=Getty Images for UEFA

 UEFA(欧州サッカー連盟)のミシェル・プラティニ会長が、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の規制を緩和させる考えを明らかにしている。18日、大手メディア『スカイスポーツ』が報じた。

 母国フランスのラジオ局『RTL』のインタビューに応えたプラティニ氏は、「ルールはとても良く機能している」との見解を示すも、「表裏のある世界だが、我々は公言しよう。規則を緩めようと思っている。執行委員が協議し、6月中には結果が出るだろう」と、今後の方針を明言した。

 なお、昨シーズンはマンチェスター・Cパリ・サンジェルマンが同ルールによって罰せられており、今シーズンには日本代表DF長友佑都が所属するインテル、FW田中順也が所属するスポルティング・リスボンを始めとする10クラブにまで、処分の手が及んでいる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO