2015.05.13

人種差別監視システム発表会にY・トゥーレ出席「誕生日の願いは」

Y・トゥーレ
人種差別監視システム発表イベントに出席したY・トゥーレ(右端)[写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は、ロシア・ワールドカップ予選で導入する「人種差別監視システム」の発表イベントを12日に行った。同イベントにマンチェスター・C所属のコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが出席している。

 Y・トゥーレは2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ・グループステージでCSKAモスクワと対戦した際、相手サポーターから人種差別の内容を含んだチャントを歌われたと主張し、「非常に重要な問題だ。もし状況が変わらなければ、ロシア・ワールドカップに僕たちは参加しない」と、2018年に行われるロシア・ワールドカップをボイコットする姿勢も見せていた。

 イベントに出席したY・トゥーレは「非常に満足しているよ。FIFAがこの問題をとても深刻に捉え、反スポーツ的な行動を止めるための具体的な基準を設けてくれた」と、コメントした。

 昨夏、同選手は誕生日を祝われなかったことを理由に移籍を示唆し、大きな話題を呼んでいた。13日に誕生日を迎えるY・トゥーレはイベント終了後、自身の公式ツイッターに「僕の誕生日の願いは、皆で一緒に人種差別に立ち向かうことだよ」と、投稿している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング