FOLLOW US

クラブ・アメリカが北中米カリブ海を制覇…日本開催のCWC出場へ

北中米カリブ海王者となったクラブ・アメリカ [写真]=Getty Images

 北中米カリブ海サッカー連盟が主催するCONCACAFチャンピオンズリーグの決勝第2戦が29日に行われ、クラブ・アメリカ(メキシコ)が4-2でモントリオール・インパクト(カナダ)に勝利した。

 これにより、第1戦との合計スコアを5-3としたクラブ・アメリカが優勝を果たし、12月に日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2015へ出場することが決まった。

 ホームでの第1戦を1-1のドローで終えていたクラブ・アメリカは、序盤に先制点を奪われたが、後半にFWダリオ・ベネデットのハットトリックなどで逆転。終盤に1点を返されたが、4-2で逃げ切った。

 これで同大会は10年連続でメキシコ勢が優勝を飾っており、クラブ・アメリカは9年ぶり6度目の制覇となった。

 クラブW杯には、すでにニュージーランドのオークランド・シティもオセアニア代表として出場を決めている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO