FOLLOW US

アルビレックス新潟シンガポール、連勝ストップも6戦連続完封に成功

守備陣の粘りもあり、アルビレックス新潟シンガポールは6試合連続無失点に成功した

 2015Sリーグ(シンガポールリーグ)第8節が22日に行われ、アルビレックス新潟シンガポールとホーム・ユナイテッドが対戦した。5試合連続の完封勝利で暫定2位につけるアルビレックス新潟シンガポールは、2012年以来3シーズンぶりのリーグ戦6連勝を目指す。

 立ち上がり6分、中盤でボールを失うと速攻を受ける。最終ラインの裏にスルーパスを通されてシュートを許してしまう。しかし、この窮地は相手のシュートミスに助けられ失点を免れる。16分、フリーキックの流れからゴール前でこぼれ球を拾った長崎健人が鋭い切り返しから左足でシュートを狙うが、相手DFにゴール前でクリアされた。

 21分、バックパスを受けた野澤洋輔のクリアボールが相手選手へ渡ると、ダイレクトで無人のゴールにシュートを許す。ここはカバーリングに入った藤原賢土がゴール前で弾き返してゴールを死守。27分には相手が跳ね返したボールを長崎健人がペナルティエリア内でワンタッチで上手くコントロールして左足で狙うが、相手GKの好守に防がれてスコアレスで前半を終える。

 先制点を狙うアルビレックス新潟シンガポールは57分、左サイドでボールを受けた多木理音がドリブル突破でペナルティエリア内に進入。右足で相手GKの足元を抜くシュートを放つ。決定弾に思われたが、右ポストに弾かれた。

 その後は相手にシュートを許す場面もあったが、5試合連続で完封中の守備陣がこの試合も集中力を切らさらず、相手に決定的なチャンスを作らせない。終了間際の83分には、木暮郁哉が左足で狙う。しかし、これも相手GKの好セーブに阻まれる。

 アディショナルタイム3分、最後まで攻め続けたが、最後まで得点を奪えず試合はスコアレスドローで終わった。

 アルビレックス新潟シンガポールは連勝を伸ばすことはできなかったものの、6試合連続の完封。勝点16で暫定2位をキープした。次節、ホームでホーガン・ユナイテッドと対戦する。

【スコア】
ホーム・ユナイテッド 0-0 アルビレックス新潟シンガポール

【得点者】

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA