2015.04.15

日本代表のE組初戦相手…シンガポール代表監督「難しいグループ」

シュタンゲ
2010年にベラルーシ代表を率いていたシュタンゲ監督 [写真]=Getty Images

 AFC(アジアサッカー連盟)は14日、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選の抽選会を行い、組み合わせが決定した。日本代表と同じグループEに入ったシンガポール代表を率いるドイツ人のベルント・シュタンゲ監督がコメントしている。同国サッカー協会の公式サイトが伝えた。

 グループEには日本とシンガポールに加えて、シリア、アフガニスタン、カンボジアが入った。この結果を受けてシュタンゲ監督は、「我々のグループは難しい」と語るも、「そうは言っても、私は楽観的だ。他のチームを過小評価しているわけではないが、可能な限り多く勝ち点を得なければならない。試合に向けてしっかりと準備するよ。ホームの試合ではファンが、代表チームのサポートのためにスタジアムへ来てくれることを楽しみにしてる」と意気込みを語った。

 なお、現在の最新FIFAランキングでは、日本が50位でE組トップ。シリアが126位、アフガニスタンが135位で続き、シンガポールが162位でグループ4番手、最下位はカンボジアで179位となっている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング