FOLLOW US

アルゼンチン、豪華3トップは不発も2得点快勝…メッシは出場せず

代表初ゴールを決めたフェデリコ・マンクエージョ(中央)[写真]=Getty Images

 国際親善試合が28日に行われ、エルサルバドル代表とアルゼンチン代表が対戦した。

 アルゼンチンは、昨年11月に代表に復帰したFWカルロス・テベス、そしてFWゴンサロ・イグアインとFWエセキエル・ラベッシを前線に起用。一方、FWリオネル・メッシはベンチスタートとなった。

 試合は立ち上がりからアルゼンチンの攻撃陣がエルサルバドル・ゴールに迫る。28分、左サイドでボールを受けたイグアインが、DFを交わしシュート。しかし、惜しくもGKに弾かれてしまい、ゴールを割ることは出来なかった。

 先制点が生まれたのは54分。アルゼンチンが左サイドから攻めこむと、中央でパスを受けたエベル・バネガがロングシュート。ボールはエルサルバドルのネストル・レンデロスに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。

 アルゼンチンは終了間際の88分にも、途中出場のフェデリコ・マンクエージョがFKで得点を挙げ2-0とした。マンクエージョは代表デビュー戦で初ゴールを記録した。

 このまま試合は終了し、アルゼンチンが2-0でエルサルバドルを相手に勝利を収めた。なお、メッシに出場機会はなかった。

 アルゼンチンは31日にエクアドル代表との親善試合に臨む。
 
【スコア】
エルサルバドル 0-2 アルゼンチン

【得点者】
0-1 54分 オウンゴール(ネストル・レンデロス)(アルゼンチン)
0-2 88分 フェデリコ・マンクエージョ(アルゼンチン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO