FOLLOW US

代表引退後も力を借りたいウルグアイ指揮官「フォルランは経験豊富」

フォルラン(右)への信頼を語るタバレス監督(左) [写真]=Getty Images

 ウルグアイを率いるオスカル・タバレス監督は、セレッソ大阪の元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランに対し、同代表の若手選手にこれまでの経験を伝授してほしいと頼んでいるようだ。

 フォルランは12日にウルグアイ代表引退を発表したばかりで、これまで同代表では112試合に出場し、36ゴールを記録している。タバレス監督は、フォルランと会談した際、すでに同選手が代表引退を決心しており、気持ちは変わらないようだったと明かしている。

 13年間ウルグアイ代表としての地位を築いてきたフォルランの経験を活かすため、タバレス監督は同選手に対し定期的にチームと交流してほしいと頼み、フォルランから良い返事を貰ったとのことだ。

 タバレス監督は地元のテレビ番組に出演し、「僕は彼にチームのすぐ近くにいてもらえないかと聞いたんだ。フォルランは素晴らしい経験を積んできた選手だから、他の選手に伝えられるものをたくさん持っている。それに、今のウルグアイ代表にとってとても大切な選手さ」と述べ、フォルランが持つ“カリスマ性”を強調した。

 フォルランはこれまで、マンチェスター・U、ビジャレアル、アトレティコ・マドリードインテルなどでプレー。また、ウルグアイ代表としても最高のキャリアを積んできた。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、ウルグアイを4位に導き、大会MVPにあたるFIFAゴールデンボール賞を受賞。さらに、2011年にはコパ・アメリカ優勝も果たしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO