FOLLOW US

リベルタ杯で退場を免れようとしたGKが「死んだふり」の“名演技”を披露

バンゲーラ(左)はミスをごまかすために驚愕の演技を披露 [写真]=Getty Images

 11日に行われたコパ・リベルタドーレス、バルセロナ(エクアドル)対アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)の一戦で、驚きのシミュレーションが披露された。

 1-1で迎えた試合終了直前、ロングパス一本で抜け出したA・ナシオナルの選手を、バルセロナの守護神マクシモ・バンゲーラが果敢に飛び出してクリアしようとするも、間に合わず手を使って倒してしまう。

 相手の決定機を自陣ペナルティーエリアの外で阻止したバンゲーラにはすぐに主審がレッドカードを準備し駆け寄るが、バンゲーラはその場に倒れ込みピクリとも動かない。

 しかし、スロー映像を見ても激しく接触したような様子はない。それどころか、アップ映像には瞬きをして周りの様子をこっそり窺うバンゲーラの姿が映し出されている。

 そう、バンゲーラは“死んだフリ”ならぬ“気絶したフリ”をして、退場を逃れようとしたのだ。

 もちろん判定は覆らず、しばらくしてスタッフに起こされたバンゲーラには当然ながらレッドカードが提示され退場。さらに不幸なことにエクアドルの“バルサ”はこの後、アディショナルタイムにゴールを許し逆転負けを喫してしまった。

 バンゲーラの「死んだふり」は世界中で話題となり、スペイン紙『マルカ』は、この“名演技”について皮肉たっぷりに批評した。

「バンゲーラの演技はエディ・レッドメイン、トム・ハンクス、アル・パチーノ、マイケル・ダグラスらを押し退けオスカーに値する」

 ブラジル・ワールドカップにもエクアドル代表の第2GKとして参加した実力者であるバンゲーラだが、この大袈裟な演技によって「死んだふりGK」として世界中に名前が知れ渡ってしまった。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO