2015.03.13

欧州移籍で文化の違いに戸惑う南野「箸のおかげで腹ペコは免れた」

南野拓実
ビジャレアル戦でEL初出場を果たした南野 [写真]=ムツ カワモリ

 FW南野拓実が、所属するザルツブルクのインタビューに応じ、クラブ公式サイトが伝えた。

 4日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第23節のアドミラ・ヴァッカー戦で2得点を決めた南野。まず、移籍後公式戦初ゴールを祝福されると「ありがとうございます!初の2ゴールに信じられないくらい嬉しく思っています。やっとチームやスタッフの方々にお返しすることができました。ザルツブルクでとてもフレンドリーに歓迎してくれたので、僕のゴールは感謝の印です」と、喜びのコメントを返した。

 ザルツブルク移籍について南野は「昨シーズンのヨーロッパリーグでプレーするザルツブルクを見ましたが、そのプレースタイルは興奮するものでした。オファーが来たとき、正直に言うと長く考える必要はなかったです」と決断に迷わなかったと明かし、さらに「ザルツブルクでレギュラーになり、タイトルを獲得することが僕の大きな夢です」と今シーズンの目標を語った。

 ザルツブルクは、元日本代表DF宮本恒靖氏が2006年から2009年まで所属していたクラブ。移籍の際に宮本氏と話をしたかと問われると、「Jリーグのときから知っていますが、クラブが別だったので、連絡をとったことはないです」とコメントしている。

 また、トレーニングキャンプで同部屋だったオーストリア代表MFシュテファン・イルザンカーとの仲を聞かれると、「シュテファンとはとてもいい友達になりましたし、彼は最初から僕を助けてくれました。僕らは言葉の問題は全くないです。ドイツ語、英語、日本語を混ぜて会話して、お互い理解しあっています」とコメント。

 さらに、ナイフとフォークを上手く使えなかったことをイルザンカーから暴露された南野は、「その通りです。日本では、ここで使うほどそういった食器類を使いません。だからパスタをナイフとフォークで食べたことはなかったんです。新鮮なことでした。だけど、トレーニングキャンプでは箸を用意してくれたので、腹ペコにはならなかったです。(笑)ヨーロッパの食べ物にもなれる必要がありました。日本では魚とお米を食べますが、こっちではパスタやお肉が多いですね」と文化の違いにも言及した。

 ザルツブルクは15日に行われるリーグ第25節でシュトゥルム・グラーツをホームに迎える。最後に南野は「勝利でき、また別のゴールを獲得できたらいいです。もしくは少なくともアシストを記録したいですね。全試合楽しみにしています!」と意気込みを語った。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
フライブルク
3pt
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
アスレティック・ビルバオ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング