FOLLOW US

南野が移籍後初得点を含む2発…2G1Aで10人のチームを救う

 オーストリア・ブンデスリーガ第23節が4日に行われ、アドミラ・ヴァッカーとFW南野拓実が所属するザルツブルグが対戦した。南野はフル出場している。

 試合は12分に動く。アウェーのザルツブルグはマルセル・ザビツァーがゴールを奪い先制した。ところが22分、得点を挙げたザビツァーが退場処分を受け、ザルツブルグは残り時間を10人で戦う状況に陥った。

 しかし、このピンチを南野が救う。38分にセットプレーからチャンスをつかむと、右足で移籍後初得点を奪取。69分には、再び南野が味方のシュートのこぼれ球を右足で押し込み、チームの3点目を挙げた。

 その後、アドミラ・ヴァッカーに1点を許したザルツブルグだが、終了間際には南野のクロスからヴァロン・ベリシャがヘディングシュートを決めてリードを広げた。このまま試合はタイムアップ。南野が2ゴール1アシストの活躍を見せ、ザルツブルグが4-1で勝利を手にした。

【スコア】
アドミラ・ヴァッカー 1-4 ザルツブルグ

【得点者】
0-1 12分 マルセル・ザビツァー(ザルツブルグ)
0-2 38分 南野拓実(ザルツブルグ)
0-3 69分 南野拓実(ザルツブルグ)
1-3 90分 レネ・シッカー(アドミラ・ヴァッカー)
1-4 90+1分 ヴァロン・ベリシャ(ザルツブルグ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO