2015.02.23

ヤング・ボーイズが首位バーゼルに快勝…柿谷、久保ともに出場せず

 スイス・スーパーリーグ第21節が22日に行われ、FW久保裕也の所属するヤング・ボーイズとFW柿谷曜一朗の所属するバーゼルが対戦した。久保はベンチスタート、柿谷はベンチから外れた。

 試合は立ち上がりにヤング・ボーイズが先制に成功する。9分にCKのこぼれ球を、アレクサンデル・ゲルントがペナルティエリア外から左足でゴールを奪った。

 勢いの止まらないヤング・ボーイズは再びゴールネットを揺らす。26分、右サイドのレナト・シュテフェンからのクロスボールをゲルントが右足で巧みにゴールへ流し込み、追加点を奪った。

 後半もヤング・ボーイズは攻撃の手を緩めない。49分には裏に抜け出したゲルントが浮き玉のクロスを上げ、ギョーム・オアロが押し込みゴールを奪うも、ここはオアロがDFに対してファールを犯したと判定され、得点は認められなかった。

 反撃に出たいバーゼルは、56分にモハメド・エルネニーとブリール・エンボロを同時投入し攻撃の糸口を探る。
 
 ところが次の得点はヤング・ボーイズに生まれた。59分、ミラン・ガイッチが試合を決定付ける3点目を奪い、バーゼルを突き放す。

 バーゼルはその後、71分にシュケルゼン・ガセのリーグ戦14得点目となるゴールで1点を返したものの、なかなか追加点が奪えない。ようやく得点が生まれたのは後半アディショナルタイム2分、バーゼルは、マルコ・シュトレラーがエルネニーのクロスにヘディングで合わせ、1点差に詰め寄る。

 しかし、その直後の後半アディショナルタイム3分にオアロがバーゼルの隙を見逃さず、試合にとどめをさす4点目を奪った。

 結局、試合は4-2で終了。3位のヤング・ボーイズが首位バーゼルを下し、勝ち点差を5に縮めた。なお、久保、柿谷ともに出場機会はなく、柿谷はリーグ戦5試合連続の出場なしとなった。

 次節ヤング・ボーイズはトゥーンと、バーゼルはファドゥーツと対戦する。

【スコア】
ヤングボーイズ 4-2 バーゼル

【得点者】
1-0 9分 アレクサンデル・ゲルント(ヤング・ボーイズ)
2-0 26分 アレクサンデル・ゲルント(ヤング・ボーイズ)
3-0 59分 ミラン・ガイッチ(ヤング・ボーイズ)
3-1 71分 シュケルゼン・ガシ(バーゼル)
3-2 90+2分 マルコ・シュトレラー(バーゼル)
4-2 90+3分 ギョーム・オアロ(ヤング・ボーイズ)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る