2015.02.22

南野負傷欠場のザルツブルク、8位リートに苦戦し引き分けに終わる

 オーストリア・ブンデスリーガ第21節が22日に行われ、リートとFW南野拓実が所属するザルツブルクが対戦した。南野は負傷のためベンチ外となっている。

 勝ち点41で首位を走るザルツブルク。19日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのビジャレアル戦では、惜しくも1-2で敗れたが、アウェーゴールを奪い突破に望みを繋いだ。26日にはセカンドレグが待っているため、8位のリートにしっかりと勝利して勢いをつけたい。

 試合は4分、ザルツブルクの攻撃からマルティン・ヒンテレッガーが右足でシュートを放つが、相手DFにブロックされてしまう。さらに直後の5分、コーナーキックの流れからヴァロン・ベリシャがマルコ・ジュリチンにパス。ジュリチンはペナルティエリア内左からシュートを放ったが、ゴール左に外れてしまう。

 一方のリートも反撃に出る。9分、11分とデニス・トマッラのラストパスからチャンスを作ったが、得点には結び付けられない。

 先に均衡を破ったのはザルツブルクだった。32分、左サイドのベリシャがアーリークロスを入れると、ファーサイドに走りこんだフェリペ・ピレスが右足でボレーシュート。これが左サイドネットに突き刺さり、アウェーのザルツブルクが先制点を奪った。19歳のピレスにとっては初先発で初ゴールとなった。その後大きなチャンスは無く、ザルツブルクが1点をリードして前半を折り返す。

 後半開始早々、最初にチャンスを掴んだのはリート。47分、クレメンス・バルヒのシュートがクロスバーを叩いた。そして52分、リートがフリーキックを獲得すると、キッカーはトマッラ。右足で狙ったボールがゴール左に決まり、リートが同点に追いつく。

 その後もチャンスを作るリートは57分、左サイドのオリヴァー・クラグルが30メートル以上の位置からループシュートを狙う。しかし、ここもクロスバーに阻まれた。続く66分、後方からのロングボールに抜けだしたトマッラが、相手ディフェンスに競り勝ちキーパーと一対一に。冷静にワンタッチで浮かせてGKを抜くと、最後はしっかりと押し込み逆転に成功する。

 逆転を許したザルツブルクだったが、すぐさま反撃に出る。68分、マルセル・ザビツァーがペナルティエリア内に浮き球のパスを出す。こぼれたところをナビ・ケイタがシュート。これが決まり、ザルツブルクがすぐさま追いついた。

 さらに76分、FKの流れからペーター・アンカーセンが右足シュートを狙うが、ゴール上に外れた。

 その後も両チーム勝ち越しを狙い攻め続けたが、このまま試合終了のホイッスルを迎え2-2の引き分けに終わった。

 ザルツブルクは26日にEL決勝トーナメント1回戦セカンドレグのビジャレアル戦をホームで、3月2日に行われるリーグ第22節のグレーディヒ戦をホームで迎える。

【スコア】
リート 2-2 ザルツブルク

【得点者】
0-1 33分 フェリペ・ピレス(ザルツブルク)
1-1 52分 デニス・トマッラ(リート)
2-1 66分 デニス・トマッラ(リート)
2-2 68分 ナビ・ケイタ(ザルツブルク)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る