2015.02.13

ロナウジーニョ、リバウドも在籍したアンゴラに移籍か…会長が示唆

ロナウジーニョ
現在はメキシコリーグでプレーするロナウジーニョ [写真]=Getty Images

 イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、元ブラジル代表MFロナウジーニョが来シーズン、アンゴラリーグへ移籍する可能性があると、12日に報じた。

 同リーグに所属するカブスコルプのベント・カンガンバ会長が、同国のTV番組において次のように語っている。

「確かに、我々はロナウジーニョとの交渉において、あとは細部を残すのみとなった。彼は6月に今のクラブとの契約を終え、我々のチームに加入する。チームの質を上げたかったから、私はロナウジーニョに声をかけたのだ」

 同選手は昨年9月にメキシコリーグのケレタロFCへ加入。今シーズンは14試合に出場し、3得点を挙げている。

 カブスコルプには、2012年に元ブラジル代表のリバウド氏が所属していたという実績がある。同氏はチームで21試合に出場し、11得点を挙げていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る