2015.01.21

D組は全チームが横並び…コートジボワールは引き分け発進/アフリカ杯

 アフリカ・ネーションズカップのグループD第1節の2試合が、20日に赤道ギニアで行われた。

 第1試合では、コートジボワール代表とギニア代表が対戦。コートジボワールは17分、FWジェルヴィーニョがドリブル突破から折り返すと、FWウィルフリード・ボニーがシュート。ディフェンスに当たったこぼれ球を、ジェルヴィーニョが狙うが、GKナビ・ムサ・ヤッタラの好セーブに阻まれる。すると37分、ギニアの右サイドからのクロスをコートジボワールのDFセルジュ・オーリエがクリアミス。これをFWモハメド・ヤッタラがボレーで突き刺し、ギニアが先制する。

 追い付きたいコートジボワールだが、56分にジェルヴィーニョがギニアのMFナビ・ケイタに平手打ちを食らわせてしまい一発退場。10人での戦いを強いられる。61分にはギニアのFWイブラヒマ・トラオレのシュートがクロスバーに当たり、難を逃れた。その後もピンチをしのいだコートジボワールは、72分にMFヤヤ・トゥーレの浮き球のパスを受けたボニーが、途中出場のFWセイドゥ・ドゥンビアにラストパス。これをドゥンビアが落ち着いて決め、同点に追いつく。このまま試合は終了を迎え、1-1の引き分けで勝ち点1を分けあった。

第2試合では、マリ代表とカメルーン代表が対戦。前半は再三にわたってマリがカメルーンゴールに迫るが、カメルーンの19歳GKファブリス・オンドアが好セーブを連発し、得点を許さない。0-0のまま迎えた71分、マリがフリーキックを獲得すると、MFセイドゥ・ケイタのクロスをファーサイドのFWサンブ・ヤタバレが決めて先制に成功する。このままマリが逃げ切ると思われた84分、ゴール前で浮き球のパスを受けたDFアンブロワーズ・オヨンゴが決め、カメルーンが同点に追いついた。1-1のままスコアは動かず、第2試合も引き分けとなった。

 第1節終了時のグループDの順位は以下の通り。

1 コートジボワール(1pt|0勝1分0敗/1得点1失点/得失点差0)
1 カメルーン(1pt|0勝1分0敗/1得点1失点/得失点差0)
1 ギニア(1pt|0勝1分0敗/1得点1失点/得失点差0)
1 マリ(1pt|0勝1分0敗/1得点1失点/得失点差0)

 グループD第2節は24日に行われ、コートジボワールとマリ、カメルーンとギニアが対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング