2015.01.18

B組は中国が3連勝で1位、ウズベクがサウジとの直接対決制す/アジア杯

中国代表,ウズベキスタン代表
B組の1位中国代表(左)と2位ウズベキスタン代表(右) [写真]=Getty Images

 AFCアジアカップ・オーストラリア2015のグループリーグ最終節で、グループBの2試合が18日に行われた。

 サウジアラビア代表とウズベキスタン代表に2連勝し、すでに決勝トーナメント進出を決めていた中国代表は、グループリーグ敗退が決定している北朝鮮代表と対戦した。試合は開始1分に、FWソン・クァーの得点で中国が先制する。さらに前半終了間際の42分にも、ソンがこの日2点目を決めて中国が2-0とリードを広げる。56分には北朝鮮MFチョン・イルグァンのシュートがFWガオ・リンに当たりオウンゴールを献上したが、2-1で中国が逃げ切った。これにより中国はグループリーグ3連勝で1位通過を決めた。

 一方、サウジアラビア代表とウズベキスタン代表の突破を争う直接対決は、開始2分にウズベキスタンMFサルドフ・ラシドフが先制点を決める。しかし、60分にサウジアラビアがPKを獲得し、FWモハメド アル・サハラウィが決めて同点に追いつく。引き分ければ敗退のウズベキスタンは、71分にFWヴォヒド ショディエフが勝ち越しゴールをあげる。さらに79分にはラシドフがこの試合2点目となる得点を決め、3-1でウズベキスタンが2位の座を掴みとった。

 22日に行われる準々決勝の組み合わせは、グループB1位の中国代表とグループA2位のオーストラリア代表、グループB2位のウズベキスタン代表とグループA1位の韓国代表が対戦する。

 グループBの最終結果は以下の通り。

1 中国(9pt|3勝0分0敗/5得点2失点/得失点差3)
2 ウズベキスタン(6pt|2勝0分1敗/5得点3失点/得失点差2)
3 サウジアラビア(3pt|1勝0分2敗/5得点5失点/得失点差0)
4 北朝鮮(0pt|0勝0分3敗/2得点7失点/得失点差-5)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る