2015.01.15

元ブラジル代表FWロナウド氏、米で現役復帰か「挑戦してみたい」

ロナウド
現役復帰に意欲を示したロナウド氏 [写真]=FIFA via Getty Images

 元ブラジル代表FWのロナウド氏に現役復帰の可能性が浮上した。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 2011年に現役引退した38歳のロナウド氏は先日、NASL(北米サッカーリーグ、アメリカ2部相当)のフォートローダーデール・ストライカーズの共同オーナーに就任。同クラブでプレーするかを問われると「簡単なことではない。ただ、サッカーを愛している。私は自分の体のことを考えて引退を決めた。それほどのけがや痛みと戦っていたんだ」とコメント。また、「試合に出場するには良い状態にならなればいけない。でも挑戦してみたい。必要とされるなら、たくさん練習するよ」と述べた。

 バルセロナやインテル、レアル・マドリードなどで活躍したロナウド氏は、かつてバロンドールを2度受賞。ブラジル代表としても2002年に行われた日韓共催のワールドカップでは得点王に輝き、チームの優勝に貢献した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る