2014.12.16

32歳のベアズリーが米国代表からの引退を発表…W杯に4度出場

ベアズリー
ブラジルW杯のベルギー戦に出場した際のベアズリー(手前) [写真]=Getty Images

 MLS(メジャーリーグ・サッカー)のヒューストン・ダイナモに所属するDFダマルカス・ベアズリーが、自身のインスタグラムでアメリカ代表からの引退を発表した。

 32歳のベアズリーは、2001年にアメリカ代表デビューを果たすと、同チームの主力としてプレー。代表通算121試合に出場して17ゴールを記録した。また、2002年の日韓大会から今夏に行われたブラジル大会まで、アメリカ代表選手として最多となる4度のワールドカップ出場を果たしている。

 ベアズリーは自身のインスタグラムで「こんな日が来るとは夢にも思わなかったよ。国の代表としてプレーするのは最も素晴らしいことだった。今日、僕は正式に代表を引退した」とコメント。また「全てのコーチやチームメートにありがとうと言いたい。僕と代表チームを支えてくれたファンにも感謝している。みんな、ありがとう」と現在の心境を明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る