2014.12.11

マラドーナ氏、記念式典の演説中に居眠りした様子が生中継される

マラドーナ
式典中に居眠りをしてしまったマラドーナ氏(中央) [写真]=LatinContent/Getty Images

 サッカー界の英雄、元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が、ベネズエラ大統領の演説中に紹介された際に、居眠りをしていたことが明らかになった。10日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』など各紙が報じている。

 マラドーナ氏は、ベネズエラ大統領就任以前からニコラス・マドゥロ大統領を支援しており、2013年の選挙戦にも駆けつけるなど友好を示してきた。この日は、1824年に南米の英雄シモン・ボリバルらが率いる革命軍が、スペイン軍に勝利した「アヤクチョの戦い」から190周年を迎えたことを祝した式典で、マドゥロ大統領がベネズエラ国民に向けて演説を行っていた。

 来賓として出席していたマラドーナ氏は、マドゥロ大統領の後ろに座り演説を聞いていた。演説は盛り上がりを見せ、大統領は「紹介しよう、反逆と革命の男、ディエゴ・マラドーナ!」とベネズエラ国民にマラドーナ氏を紹介し、大きな拍手が贈られた。

 しかし、カメラがマラドーナ氏をとらえると、腕を組み、目を閉じた姿が生中継されてしまった。同氏の後ろに座る人物が慌てて小突くと、目を覚ましたマラドーナ氏は何事もなかったように立ち上がり、声援に手を振った。その後は、大統領が話し終えるまで演説を聞いていた様子だったが、ベネズエラ中、いや世界中に恥ずかしい姿が広がっている。

 マドゥロ大統領は、マラドーナ氏の出席に関して「彼に、我々の式典に出席するかを訊いたら、『とてもわくわくする』と言って快諾してくれたのだが…」と明かしたが、式典の様子を見る限り、同氏に心躍るような様子は見受けられなかった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る