2014.12.11

リーベルがコパ・スダメリカーナ制覇…来年日本でG大阪との対戦決定

リーベル・プレート
コパ・スダメリカーナを制覇したリーベルの選手たち [写真]=LatinContent/Getty Images

 10日に行われたコパ・スダメリカーナの決勝セカンドレグ。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われたリーベル・プレートとアトレティコ・ナシオナルの対戦は、後半に2点を奪ったリーベルが勝利を収めて優勝した。

 大観衆の熱気を帯びて始まった前半、リーベルは序盤から前がかりに攻め込んだ。しかし枠を捕らえたシュートはことごとくキーパーに阻まれて、リーベルはチャンスをものにできず。対照的に序盤は守備に比重を置いていたアトレティコ・ナシオナルは、前半の30分を過ぎたあたりからシュートを増やしていった。

 均衡が破れたのは0-0で迎えた後半。リーベルは54分にコーナーキックを得ると、レオナルド・ピスクリッチが上げたボールをガブリエル・メルカドが頭で合わせてゴール左隅に流し込んだ。さらにその5分後にもコーナーキックを得ると、ピスクリッチの上げたボールに合わせたヘルマン・ペッセージャのヘディングシュートがゴール左隅に吸い込まれた。先制点、追加点ともに左のコーナーキックからヘディングシュートがゴール左隅に決まり、追加点はまるで先制点のデジャヴのようだった。

 2点をリードしたリーベルは、相手にシュートを打たせることなく時間を稼いでいった。試合終了が近づくにつれてスタンドのサポーターによる大合唱はボリュームが大きくなり、リーベルの控え選手らはベンチから立ち上がって肩を組み合唱。そして試合が続いている最中にも関わらず、優勝を確信したマルセロ・ガジャルド監督は笑顔でレオナルド・ポンシオらと抱擁を交わしていた。

 コパ・スダメリカーナを制したリーベル・プレートには、2015年のコパ・スルガ・バンク(スルガ銀行チャンピオンシップ)の出場権が与えられた。来年は日本で、今季のヤマザキナビスコカップ覇者のガンバ大阪とリーベル・プレートの対戦が開催される予定となった。

(記事/Cartao Amarelo)

【スコア】
リーベル・プレート 2-0 アトレティコ・ナシオナル

【得点者】
1-0 54分 ガブリエル・メルカド(リーベル・プレート)
2-0 59分 ヘルマン・ペッセージャ(リーベル・プレート)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る