FOLLOW US

LAギャラクシーが5度目のMLS王者に…ドノヴァン有終の美飾る

現役最後の試合で優勝カップを掲げたドノヴァン(中央) [写真]=Getty Images

 MLS(メジャー・リーグ・サッカー)2014シーズンの年間王者を決めるMLSカップ決勝が7日に行われ、ロサンゼルス・ギャラクシーと、MF小林大悟が所属するニューイングランド・レヴォリューションが対戦した。

 ニューヨーク・レッドブルズを下し、東カンファレンスを制したニューイングランドと、シアトル・サウンダーズを下し、西カンファレンス王者となったLAギャラクシーの対決に、LAギャラクシーの本拠地でもあるスタブハブ・センターは超満員となり、大いに盛り上がりを見せた。

 LAギャラクシーの先発メンバーには、アイルランド代表FWロビー・キーンや、この試合が現役ラストマッチとなるアメリカ代表FWランドン・ドノヴァンらが名を連ねた。

 試合は開始1分、ロングボールに抜けだしたLAギャラクシーのロビー・ロジャースが、ドノヴァンとのパス交換からペナルティエリア左に侵入。右足でシュートを放つが、ここはニューイングランドの必死の守りに防がれる。その後もドノヴァンを中心に攻めるLAギャラクシーに対し、ニューイングランドもカウンターで応戦する互角の展開で、前半が終了する。

 すると後半立ち上がりにLAギャラクシーが先制に成功する。52分、右サイドでこぼれ球を拾ったステファン・イシザキがクロスを上げると、ディフェンスに当たりコースが変わったボールはギャシ・ザーデスの下に。トラップしたボールを左足で蹴りこみ、LAギャラクシーがリードを手にした。

 しかしニューイングランドも反撃に出る。79分、ディフェンスラインからのロングボールに抜けだした、途中出場のパトリック・ムリンズが左サイド深くまで切れ込み、ラストパス。中に走りこんだクリス・ティエルニーが、ワントラップでディフェンスを交わして、右足で流し込み、試合を振り出しに戻す。

 さらに85分にはティール・バンバリーのクロス性のボールがクロスバーに当たるなどチャンスは作ったが、90分では決着がつかず、1-1で延長戦に突入する。

 延長戦でも、勢いを増すニューイングランドのジャーメイン・ジョーンズやムリンズが惜しいシュートを放ったが、LAギャラクシーは守護神ハイメ・ペネドを中心に守りきり、勝ち越しのチャンスを狙う。

 そして111分、熱戦に終止符が打たれる。LAギャラクシーがボールを持つと、マルセロ・サルヴァスの浮き球に反応し、ゴール前に走りこんだのはキーンだった。落ち着いて右足でゴールに流し込むと、お馴染みの側転、前転のパフォーマンスを披露。この試合では大きなチャンスを生み出せずにいた2014年のMLSのMVPが大きな仕事をやってのけた。

 このまま終了のホイッスルが鳴り、LAギャラクシーが2-1でニューイングランドを下して、2年ぶり5度目のMLS王者に輝いた。表彰式では、主将のキーンとともにドノヴァンがカップを掲げ、現役最後の試合で有終の美を飾った。

 なお小林は、58分から途中出場を果たしている。

【スコア】
ロサンゼルス・ギャラクシー 2-1 ニューイングランド・レヴォリューション

【得点者】
1-0 52分 ギャシ・ザーデス(LAギャラクシー)
1-1 79分 クリス・ティエルニー(ニューイングランド)
2-1 111分 ロビー・キーン(LAギャラクシー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA