2014.12.05

代表追放ボアテング&ムンタリにガーナ指揮官「ドアは開いている」

ボアテング ムンタリ
ボアテング(左)とムンタリ(右) [写真]=Getty Images

 ガーナ代表を率いるアヴラム・グラント監督が、代表追放されているシャルケのMFケヴィン・プリンス・ボアテングと、ミランのMFサリー・ムンタリに言及した。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 ボアテングは、当時の指揮官であるクウェシ・アッピアー監督への侮辱行為、ムンタリはガーナサッカー協会のモーゼス・アルマー氏に対する暴力行為があったとして、今夏に行われたブラジル・ワールドカップの期間中にガーナ代表から追放されていた。

 無期限の追放処分を受けた両選手に関して、11月27日にガーナ代表の指揮官に就任したグラント監督は「彼らはプレーしたいという姿勢を見せる必要がある。ただ、代表チームというものはクラブとは違う。個人よりもチームが重視される」とコメント。また、「基準はあるが、誰に対してもドアは開いている」と述べ、チームにとって必要だと判断した場合は招集する可能性があることを明かした。

 ガーナ代表は来年1月にアフリカ・ネーションズカップを控えており、グループCでセネガル代表、南アフリカ代表、アルジェリア代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る