2014.12.04

元クロアチア代表プロシネチキ、アゼルバイジャン代表監督に就任

新監督に就任したプロシネチキ氏 [写真]=Getty Images

 アゼルバイジャン代表監督に、元クロアチア代表MFのロベルト・プロシネチキ氏が就任した。『UEFA.com』が伝えている。

 アゼルバイジャン代表は、ユーロ2016予選でイタリア代表やクロアチア代表などと同じグループHに所属。3連敗を喫して10月にベルティ・フォクツ前監督が辞任し、マフムド・グルバノフ暫定監督が指揮した11月16日のノルウェー代表戦でも敗れ、4戦全敗で最下位に沈んでいる。

 3年契約を結んだプロシネチキ氏は就任の際、「ポテンシャルとリソースは十分にある。とにかく経験と努力を重ねなければいけない」とコメント。「全世代のアゼルバイジャン代表チームが同じスタイルでプレーできるようにしたい。守備よりも攻撃に重点を置き、結果を残さなければならない」と考えを明かした。

 45歳のプロシネチキ氏は2004年の現役引退後、現役時代に所属したレッドスター・ベオグラードやトルコのカイセリスポルを率いていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る