2014.11.28

ペレ氏、SNSで容体悪化を否定「私は大丈夫。個室を借りただけ」

ペレ
集中治療室入りを否定したペレ氏 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 元ブラジル代表FWペレ氏が27日、自身の公式ツイッターを通じて、容体が悪化し集中治療室に移ったという報道を否定するコメントを発表した。

 ペレ氏は、12日にサンパウロ市内の病院に入院し、結石除去の手術を受けていた。15日に無事退院することが出来たが、24日に同病院に再入院したことが明らかになっていた。

さらに27日、ブラジルの現地報道はペレ氏の容体が悪化し、集中治療室に移されたと報じられ、心配の声が寄せられた。

 ペレ氏は自身のツイッターで「やぁ、みんな。この機会を通じてみんなに知ってほしいが、私は大丈夫だよ。私は今日、集中治療を受けていないんだ。単純にプライバシーの問題で、個室に移っただけだよ」とつぶやき、一連の報道は誤った情報で、自身の病状に心配はないことを主張している。

 続けて「お見舞いに来てくれた全ての人に感謝している。ゆっくり回復の治療を続けていくよ。みんなの愛と支援に感謝し、深刻でなかったことを神に感謝するよ。来年は健康になった身体で、色々なところへ旅行する計画があるんだ!みんな、本当にありがとう!」とつづり、ファンからの厚いサポートに感謝の意を表した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る