2014.11.15

来年1月のアフリカ選手権、赤道ギニアでの代替開催が決定

アフリカ・ネーションズカップ
南アフリカで行われた前回大会のセレモニー [写真]=Getty Images

 CAF(アフリカサッカー連盟)は14日、アフリカ・ネーションズカップ2015を赤道ギニアで開催することを発表した。

 2年に1度開催されている同大会は当初、2015年1月17日からモロッコで開催される予定だった。しかし、アフリカ西部で流行しているエボラ出血熱の影響により、モロッコが開催延期を要請。これを受け、会議を開いたCAFはホスト国として出場可能だったモロッコの権利はく奪を決定し、開催地変更を明らかにしていた。

 すでにCAFは大会が予選を突破した15チームと、新たなホスト国の16チームで行われることを発表しているため、今回の決定により、予選敗退していた赤道ギニアには開催国枠としてアフリカ・ネーションズカップの出場権が与えられることになった。なお、赤道ギニアは2012年にガボンと同大会を共同開催した経験を持っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る