2014.11.14

セルヒオ・ラモス「選手は代表でもクラブと同じだけ力を尽くすべき」

代表の一員としての責任感について語ったセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images

 現在、現地15日のベラルーシ代表とのEURO(欧州選手権)予選および18日のドイツ代表との国際親善試合に向け、合宿に入っているスペイン代表。レアル・マドリードのDFセルヒオ・ラモスが、現地12日の練習後に行われた会見で、ホームでの2連戦に向けた抱負を述べた。

 セルヒオ・ラモスはまず、チームにとっての両試合の位置づけを説明した。

「チームにとってより重要なのはベラルーシ戦だ。EUROの本大会出場に向けた試合なのだから、優先順位が高いのは当然だ。とはいえ、スペイン代表に親善試合は存在しないし、現世界王者と対戦できるのは素晴らしい機会なので、ドイツ戦でも持てる力全てを出すことに変わりはない。2つの試合の違いは、ベラルーシ戦では好結果を残してもあまり評価されないが、ドイツ戦では好結果を残せばかなり評価されるということだろう」

 スペイン代表は今回、ナポリのFWホセ・カジェホン、ユヴェントスのFWアルバロ・モラタ、セルタのFWノリート、マラガのMFイグナシオ・カマーチョが初招集された。セルヒオ・ラモスは、「色々なチームで活躍している選手が呼ばれるのは良いことだ」と4選手の加入を喜ぶと同時に、ベテラン勢で代表のチームスピリットを伝えて行くとの姿勢を示した。

「僕としては、選手は代表でもクラブと同じだけ力を尽くすべきだと思っている。こういった国を背負う責任感は、新たにやって来る選手に伝えていかなければならない。クラブにおいても代表においても、成功の鍵を握っているのはどれだけチームのために戦えるか、だからね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る