2014.11.11

ラーション氏、息子がプレーするヘルシンボリの新指揮官に就任へ

ラーション
ヘルシンボリIFの監督就任が発表されたラーション氏 [写真]=Getty Images

 スウェーデンのヘルシンボリIFは10日、元同国代表FWのヘンリク・ラーション氏が新監督に就任すると発表した。『UEFA.com』が伝えている。

 かつてセルティックやバルセロナで活躍したラーション氏は、昨年12月に昇格チームであるファルケンベリFFの指揮官に就任。先日終了した今シーズンのスウェーデンリーグで同クラブを残留に導く手腕を発揮したが、今年限りでチームを離れることが発表されていた。

 現役時代にプレーしたクラブでもあるヘルシンボリIFを率いることになったラーション氏は、「私のキャリアにおいて、正しい方向へのステップとなる」コメント。さらに「話を聞いた時に悩むことはなかった」と述べ、新たな挑戦に意欲を示した。

 なお、ヘルシンボリIFには息子であるジョーダンが所属しており、ラーション氏は「父親と監督の境界線を引くことの大切さを家で話した」と語っていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る