2014.11.05

アドリアーノが麻薬取引関与の疑いで起訴…最大で懲役15年の可能性も

アドリアーノ
仏2部での復帰が間近に迫っていると報じられていたアドリアーノ [写真]= Globo via Getty Images

 4日、元ブラジル代表FWアドリアーノが麻薬取引に関与した疑いで、ブラジル・リオデジャネイロ州の検察から起訴されたと、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが報じた。

 同紙によると、アドリアーノが友人と購入したバイクを麻薬密売人が取引に使用していたという。検察側は、アドリアーノに対する逮捕請求を行っていないが、逃亡阻止のためパスポートの提出を求めているようで、有罪になった場合は最大で懲役15年などの重い処罰が科される可能性があると伝えている。

 アドリアーノは、先日リーグ・ドゥ(フランス2部)のル・アーヴルとの契約に向けて現地を視察するなど、同クラブへの加入が間近に迫っていると報じられていた。アドリアーノ自身も復帰を目指し、「今、僕に最も欠けているものは試合勘だ。フィジカルレベルを整えるためにハードワークを続けるよ」と、懸命にトレーニングに取り組むことを誓っていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る