FOLLOW US

ブラジルに完封負け…PK失敗を悔やむメッシ「僕が決めていたら」

ブラジル代表戦に出場したメッシ [写真]=Getty Images

 アルゼンチン代表は、11日に行われた国際親善試合でブラジル代表に0-2で敗れた。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、この試合での敗戦に失望した様子を見せている。バルセロナ公式HPが伝えた。

 試合は、アルゼンチン代表のペースで進んでいくも、28分にアトレチコ・ミネイロ所属のFWジエゴ・タルデッリがワンチャンスを生かしてブラジル代表が先制。リードを許したアルゼンチン代表は、40分にPKの絶好機を得るも、メッシがこれを決めきれず。逆に、64分に追加点を与えてブラジル代表に敗れた。

 メッシは自身のPK失敗とともに敗戦を悔やんでいる。

「2つのミスで試合が決まってしまった。1失点目とPKだ。僕が決めていたら、試合は変わっていたと思う。僕たちは序盤から良いプレーを見せていたけど、それを生かせなかった。相手は最初の決定機を決めたんだ」

 またメッシは、昨シーズンまでバルセロナを率いていたアルゼンチンのヘラルド・マルティーノ監督とともに戦っていくと強調した。

「新監督と一緒になってまだ時間は長くない。でも、練習と試合をこなし、僕たちはマルティーノが望むものをもっと体現していきたい。このチームはそれができると思っているよ」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA