2014.10.10

元ブラジル代表のロマーリオ、上院議員に当選

ロマーリオ
8月29日、リオ市西部、ジャカレパグアー地区のシダーヂ・ヂ・デウス。リンヂベルギ・ファリアス候補(PT)と共に同地区を訪れたロマーリオ候補(前列右から2番目) [写真]=写真/Tasso Marcelo/Fotos Publicas

 選挙といえば、日本でもアントニオ猪木や橋本聖子、”柔ちゃん”こと谷亮子といったスポーツ選手が議員となるケースは珍しくないが、ブラジルでもサッカー選手が政治家になるケースがある。

「サッカーの王様」ペレもフェルナンド・エンヒッキ・カルドーゾ大統領時代にスポーツ大臣に任命されてブラジルのスポーツを振興する役職に就いたことがあった。

 2014年の統一選挙では、公式戦における確認できるゴールだけを数えればペレを超えるとも言われる、元ブラジル代表FWのロマーリオ(PSB:ブラジル社会党、リオデジャネイロ)が、上院議員に当選した。

 これまで連邦下院議員を務めてきたロマーリオだが、今回は上院議員へのゴールを決めた。現地メディア(「G1」、「UOL」など)が伝えている。

 ロマーリオは投票数の63.4%にあたる約460万票を獲得。強力な対抗馬セーザル・マイア候補(DEM:民主党)を圧倒した。セーザル氏の得票は20.51%だったという。

 1994年のワールドカップで優勝を果たした代表メンバーだったロマーリオは、セレソン・ブラジレイラとして70試合に出場、55得点を記録した。通算ではペレと同じく1000得点以上の記録を誇っている。

 ロマーリオ(ホマーリオ・ヂ・ソウザ・ファリア)は1966年、リオ市北部のジャカレジーニョ地区のファヴェーラに生まれ育った。

 2010年にブラジル社会党の議員に選出された彼は、ワールドカップ2014年大会前には汚職や公金の無駄使いを強く指摘、大会をホストする自国の政治に反発していた。

(記事/MEGA BRASIL、文/加藤元庸)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る